捻挫

捻挫の症状と接骨院での治療

「捻挫」というのは、2本以上の骨で構成されている関節に急激な力が加わり、骨が正常な位置を保てなくなる状態を指します。簡単に言うとずれている状態です。関節を突き破ってずれるものは脱臼ですが、捻挫は関節内でずれた状態です。腫れたり熱を持ったりしますが、日常生活を送れないほどにはならないため、すぐ病院に行かず湿布をしているだけで、いつかよくなるだろうと放置している人も多いようです。
(さらに…)

怪我をした時は早めに行って根気良く通うことが大切な接骨院

少しでも足をくじいたり捻挫したりした時は、そのまま放置せずにすぐに接骨院に行くべきです。  捻挫などをすると自然には治りませんし、接骨院で適切な処置をしてもらう必要があります。そのままにしておくと更に同じような怪我をしてしまう可能性もあります。

(さらに…)