デイサービスの利用者の方のおかげで農作業ができるようになった。

桐生市のデイケア
私は高校卒業後、桐生市のデイサービスへ就職しました。やっぱりお年寄りが好きだったし、困っているお年寄りを助けたい、そんな思いで就職を決めました。最初はどのようにコミュニケーションをとって良いかわかりませんでした。先輩からはコミュニケーションは積極的にとってね、と言われていましたのでなるべく自分から話しかけるようにしていました。

「出身地はどこ?」などとまずは、自分の生まれたところなどを聞きます。そうすると必ず自分の出身地を教えてくれるのでその出身地のお話をして話を広げます。話を聞いているとやはり農業に就いていた方々が多く農作業今度教えてね!などと言うと、とても嬉しそうに「いいよ」などと言ってくれます。

実際に寒さが落ち着いて農作業が始まると、クワの使い方から雑草の抜き方までしっかりと教えてくれました。私はこの方々のおかげで農作業を大体できるようになりましたし、桐生市のデイサービスの利用者の方にも「上手くなったね!」と言われることも増えました。わからないことを教えてくれることってとても嬉しいことですね。

カテゴリー: デイサービス