初めて接骨院に行きました

私は44歳の男です、先日生まれて初めて玉川上水の接骨院に行った時の事をお話します。玉川上水の接骨院に行く切っ掛けは半年位前から腰が痛くてシップや塗り薬などを使い治まるのをまっていましたが、中々改善しないので近くの病院に行きました、レントゲンを撮って分かりましたが重い荷物など昔から持ったりする仕事などもしてきましたので腰の骨の軟骨がすり減ってきていますと言われました。病院内のリハビリをする所で腰を伸ばして貰いシップのような塗り薬を貰い帰ってきました、数日は少痛みがましになりましたが余り長続きはしませんでしたのでまた病院に行き腰を伸ばすの繰り返しをしていましたが一度行くと家に帰ってくるまで何時間もかかるので知り合いに何処か良い病院はないかと尋ねました。知り合いの接骨院が有るので紹介してあげると言われ一緒に近所にある玉川上水の接骨院に行ってもらい見てもらいました。

病院でレントゲンを撮りこんな具合なんですと話すと先生が皆だいたい同じ悩みで来ている方が多いですと言っていました。そこで週に何度か接骨院通い自分でも常に腰を伸ばす方法を教えて頂き余り負担が掛らないようにと色々アドバイスをもらいました。今まで接骨院の印象は余り良く思って無かったののですが実際行ってみると病院よりもはるかに効き目が有り先生もお人が良くてきちんと丁寧に処置してくれましたので今は殆ど痛みが有りません。

これからは何かあれば病院ではなく玉川上水の接骨院に通いたいと思いました。

カテゴリー: 腰痛