離れて暮らす祖母の羽鳥市のデイサービスの利用について

デイサービス (2)
一人暮らしの祖母が足を悪くしてしまい、生活に不自由が出てしまいました。私たち家族がお世話が出来たらいいのですが、家庭の事情でできません。一時期は病院に入院したりもしていましたが、さすがにずっと入院しているわけにもいきません。そこでかかりつけの病院の先生に相談したところ、羽鳥市のデイサービスを利用してみるのはどうかと提案がありました。祖母の場合は様々な検査の結果、病気ではなく年齢からくる足の痛みでしたのであまり通院の必要はないそうです。羽鳥市のデイサービスに行って本当に足が良くなるのかと疑問に思っていたので、病院のスタッフさんや役所の人にも色々と話を聞きました。羽鳥市のデイサービスでは日常生活を難なく過ごせるようにサポートしてくれるそうです。

例えば祖母の場合だと足が悪くて階段の上り下りに不自由を感じるという事で、階段の上り下りができるような訓練の予定です。簡単な体操から始まり、軽い運動やストレッチ等をしていく事で筋力がつき足の痛みも徐々に和らいでいく、とソーシャルワーカーさんから説明を受けました。私たち家族にとって一番魅力的だったのは、家の玄関までスタッフが送迎してくれるところです。

祖母の家はアパートなのでもしも階段で転んだら大変!と心配していたのですが、階段の上り下りの際にスタッフさんの手を借りる事が出来るのはとても安心です。祖母の家と我が家は距離があって病院への送迎が困難でしたので、このようなサービスがあるのはとても助かります。離れて暮らす家族には病院でのリハビリよりも、羽鳥市のデイサービスでのリハビリが安全安心かなと思います。ソーシャルワーカーさんを通して、その時々の祖母の状態を私たち家族に直接報告がある事も安心できることのひとつです。

カテゴリー: デイサービス