歯周病ってどんな病気

皆さんは歯周病がどういった病気がご存知だろうか?久しぶりに西焼津の歯医者に行くと歯と歯茎の間をを細い針のようなものでチクチクされながら、医師や衛生士が数字らしきものを読み上げることがある。

あれがいわゆる歯周病の検査である。歯と歯茎の間の歯周ポケットと呼ばれる部分の深さを測っているのである。昔に比べて歯のがたつきがひどくなったり、歯茎が痩せたように感じることがあれば歯周病が進行している可能性を考えるべきだ。西焼津の歯周病とは歯茎の中にある骨を溶かす病気なのだ。

恐ろしい事にこの骨は一度とけたらニ度と元に戻る事はない。歯医者で虫歯を治療してもらうことはもちろんだが、注意すべきは歯周病予防である。予防方法としてはていねいなブラッシングと、富士市の歯医者の定期健診へ行く事だ。普段の磨き残しが歯石となり、歯石が歯茎の炎症を引き起こし歯周病の引き金となるからだ。歯石は普段のブラッシングではとることは出来ない。歯医者へ定期健診にでかけ歯石とりをしてもらう事が重要なのだ。

カテゴリー: 歯周病